基礎知識

基礎知識

生命保険料控除の対象者は?生命保険料控除の種類について解説

生命保険料控除の対象者を知ることで申告を間違うことは無くなります。また、対象者の条件を正確に把握することと生命保険料呼応所の種類を把握することで申告の方法によっては節税することもできます。
基礎知識

課税所得金額はどこを見ればわかる?各帳票の記載箇所を解説!

「源泉徴収票を見ても課税所得金額って見つからないけど、どこにあるの?」課税所得金額は所得から所得控除を引くことで算出可能です。この記事では、課税所得金額(課税標準額)の算出方法や各帳票における記載箇所について画像を見ながら解説しています。
基礎知識

学資保険にかかる3つの税金!?課税されない場合も!?

学資保険は、「所得税」、「住民税」、「贈与税」がかかる場合がありますが、税金がかからない方が多いのが実情です。 しかし、税金がかかるのに申告をしてないと・・・、ということにならないよう、どのような場合に税金がかかるのかを詳しく解説します。
基礎知識

給与収入に交通費(通勤手当)は含まれる?健康保険の扶養は?

毎月の給与の中で貰っている交通費(通勤手当)は、非課税収入であるため、所得税や住民税の計算には含まれません。しかし、金額が大きいと含まれる場合もあります。また、健康保険の扶養の判定には含まれるなど取り扱いが煩雑な交通費(通勤手当に)についてわかりやすく解説しています。
基礎知識

課税所得の計算方法を解説!課税所得金額を下げる方法とは?

課税所得金額の計算自体は難しくありません。ただ、課税所得金額の計算に至るまでの過程も頭に入れなければ本当に計算できたとは言えません。この記事を読むと、課税所得金額の計算方法が理解でき、併せて課税所得金額の下げ方を理解できます。また、実際に課税所得金額を下げる方法を解説しています。
基礎知識

子どものアルバイトはいくらまで!?税の扶養に入れる範囲を解説!

子どもを税の扶養に入れるには、アルバイトの給与収入を103万円以下にする必要があります。ギリギリで超えてしまうと損をしてしまいますし、子どもの年齢によってはその損も大きくなります。遅くても11月までに調整を行うことをお勧めします。
基礎知識

所得税と住民税の所得控除が違う!?所得控除算出方法を解説!

所得税の所得控除と住民税の所得控除は名称こそは一緒ですが、控除額が違うものがあります。「確定申告書の控除額より住民税の納税通知書の控除額の方が低いから計算が間違っているのでは?」という疑問が良く出てきますので、この記事では、各種所得控除の所得税と住民税の比較を行っています。また、所得税と住民税で所得控除の計算方法が違うものの計算の仕方を解説しています。
基礎知識

源泉徴収票の再発行方法!給与・年金の源泉を無くしても再発行可能!

源泉徴収票をなくしてしまったり、原本の提出が複数回必要なことがあっても何度でも再発行が可能です。源泉の再発行が可能である根拠や取得場所について解説します。
基礎知識

老人扶養控除の条件とは?年金収入があっても扶養できる!?

老人扶養控除を受ける条件の5つを解説。年金収入があっても扶養に入れることのできる収入額、扶養に入れてどのぐらい税金が安くなるのか、扶養に入れる申告方法について詳しく解説しています。
基礎知識

日本赤十字社(日赤)へ寄付した場合(義援金)の寄附金控除!どれだけ安くなる?

日本赤十字社(日赤)に寄付を行った場合、所得税では所得控除、住民税では税額控除を受けることができます。義援金はふるさと納税扱いになります。この記事では、日赤に寄付を行った場合の控除額や申告(申請)方法について詳しく解説します。